参列者が少人数であるときは

参列者が少人数であるときは

高齢になってくると、どうしても亡くなる方が多くなります。

それは自然の摂理ですし、どうしようもない話でしょう。

長生きをすればするほど、自分の葬儀のときには、親しい間柄の相手は少なくなっている可能性があります。

しかしながら、その少数の親しい相手は、いわば戦友のようなものかもしれませんし、誰よりも長く付き合ってきた相手ということですから、非常に貴重な存在でしょう。

そういった方に、最後を見送ってもらえると幸せなことかもしれません。

少人数での葬儀については、家族葬というものがあります。

これは、東京の葬儀会社でもよく取り扱っているプランのようで、参列者が少ないかもしれないというときには、もともと少人数で見送る形式の家族葬が良いのではないかと思われます。

東京に住んでいない方も、各地方でそういったプランを提供している葬儀会社はあると思われますので、少人数での葬儀を考えている方は、是非一度確認しておくと良いと思います。