東京で通夜、告別式も行いたいから家族葬に

東京で通夜、告別式も行いたいから家族葬に

幼い頃に父親を亡くして以来、女手ひとつで母が育ててくれました。

その母も、先日亡くなったのですが、本人が子供に負担をかけたくないと言って、葬式は質素で良いと言っていました。

葬儀は自分の貯金から行ってほしいということでしたが、母の貯金もそれほどたくさんあるというわけではありませんでした。

けれども、娘としては、最低限、通夜と告別式は行いたいと思っていました。

少数ではありますが、母にも親しい友人がいますし、親族も少人数ではありますけれど、母を見守ってくれた人たちです。

どうしようかと悩みながら、東京の葬儀会社に問い合わせて、打ち合わせをすることになりました。

そのときに、母の意向を伝えつつ、どのようにしたら良いか相談したところ、家族葬を勧められました。

このプランだったら、母の意向通りにできると思い、兄弟間でも意見をまとめて、家族葬を行うことになりました。

もちろん、母が亡くなるまで住んでいた東京の地で行いました。

つつがなく葬儀を執り行うことができ、ほっとしたとたん、母との思い出が溢れて悲しくなりました。